ネスカフェ バリスタの使い方と説明書

ネスカフェ バリスタの使い方を解説しています

*

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーを購入する前にはどんな選び方をすれば良いのかを知っておくと便利です。選び方としてスタンダードなのは、人気のある種類を選ぶことです。売れ筋商品や人気商品は多くの店舗でたくさん取り扱われているので、探すのも購入するのも比較的楽だと言えます。

ただ、場合によっては品薄状態になっている事もあるのでそういった場合には選ぶ方法を変えた方が良いかもしれません。人気のある種類はトラブルがあった際にも対応してもらいやすいという点も大きいので、不安な人はとりあえず人気のあるタイプを選ぶのもひとつの手です。

飲みたいコーヒーの種類で選ぶ

コーヒーが好きな方であれば、自分が飲みたいコーヒーの種類で決めるのもひとつの手です。

例えばドリップコーヒーが飲みたい、ドリップコーヒーが飲めれば良い、というのであれば一般的なコーヒーメーカーで十分だと言えます。

エスプレッソやカプチーノが飲みたい、という場合にはエスプレッソマシンのような専用の機能がついている商品を探す必要があります。

また、これらすべての種類のコーヒーを楽しみたい、という人は複合機を購入するのをおすすめします。複合機は、ドリップやエスプレッソ、カプチーノなどさまざまな種類のコーヒーを気軽に楽しめるのが特徴です。

ただ、複合機はさまざまな機能がついているので比較的サイズが大きめであったり、値段が高い可能性もあります。

コーヒーの淹れ方で選ぶ

飲みたいコーヒーの種類で決める方法もありますが、何を使ってコーヒーを淹れるかでも選ぶことが出来ます。

例えば、最も一般的なのがコーヒーパウダーでコーヒーを淹れる種類です。コーヒーパウダーはスーパーや専門店、コンビニエンスストアなどさまざまな場所で取り扱われているので、気軽に入手することが可能です。

そのため、種類も豊富で簡単にコーヒーを飲めるのがメリットとされています。このタイプのコーヒーメーカーは、低価格で種類もさまざまあるので初めて購入する人やどんな種類が良いのか分からない人には最適なタイプだと言えます。

次に、コーヒー豆で淹れるミル挽きタイプのものが挙げられます。手動で豆を挽けるものもありますし、セットするだけで自動で豆を挽いてくれるタイプもあるので、自分の好みのものを選ぶと良いでしょう。このタイプは、自分好みのコーヒー豆を追求したい人向けだと言えます。

ほかにも、カフェポッドを使ってコーヒーを淹れるものもあります。カフェポッドはパックタイプのコーヒー豆であり、これを使用すれば自分で豆を挽いたり、分量を調節する必要が無いので非常に簡単でありながら本格的なコーヒーを飲むことが可能です。

ちなみにこのカフェポッドには、エスプレッソタイプとドリップタイプがあるので、自分の好きな方か飲みたいコーヒーで選ぶのが良いでしょう。

パウダー、豆、カフェポッド以外にもカプセルタイプの種類もあります。カプセルとはいわゆるポーションタイプの事で、これの大きなポイントは抹茶ラテやキャラメルマキアートのような家ではなかなか飲めない種類のコーヒーを楽しむことが出来る点です。

また、一杯分ずつパッケージされているので鮮度も高いのが特徴ですが、ほかと比べるとランニングコストが高いというデメリットもあります。

コーヒーメーカーの機能で選ぶ

これら以外にも重要なポイントとしては、そのコーヒーメーカーの機能や保温性、容量、使い勝手にも着目する必要があるかと言えます。毎日コーヒーを飲みたい、朝などの忙しい時間に気軽にコーヒーを飲みたいのに使い勝手が悪ければ、使う頻度は次第に減ってしまいます。

使い勝手として重要なのは、実は洗いやすいかどうかという点もあります。汚れやすい部分が脱着式かどうか、水を入れるタンクが外せるかどうかなどは出来るだけチェックしておくと後になって後悔しないでしょう。

中には、自動洗浄機能がついているコーヒーメーカーもあります。これらは衛生面などに大きく影響することでもあるので、頻繁に使う人であればなおさらチェックしておきたいポイントです。

ただ、機械が苦手な人にとってはさまざまな機能があっても使いこなせなかったり、宝の持ち腐れとなる可能性もあります。どういった機能があると便利か、それらを使いこなせるかと言うこともよく考えておく必要があるでしょう。

また、お客さんがたくさん家に来る人は一度に大量のコーヒーを淹れられるタイプを選んだ方が良いとも言えます。容量の大きな種類であれば、一度の10杯以上のコーヒーを淹れられるタイプもあります。

コーヒーメーカーのサーバーは、ステンレス製とガラス製のものがあります。保温性が高いのはステンレス製であり、味と香りを長時間保ったままコーヒーを楽しむことが出来ます。

朝淹れたコーヒーを昼にも楽しみたい、という場合やオフィスなどで使用したい、という場合は保温性の高いタイプを選ぶのも良いとされます。このように、選び方にはさまざまなポイントがあります。

どのような点を基準にして選ぶかはその人のライフスタイルや環境に大きく関わってくるので、よく考えてから選ぶことが重要だと言えます。

-コーヒーについて