ネスカフェ バリスタの使い方と説明書

ネスカフェ バリスタの使い方を解説しています

*

ネスカフェバリスタの価格・値段と最安値

家でコーヒーを飲むとき、インスタントコーヒーを愛飲している方が多いのではないでしょうか。マグカップにインスタントコーヒーを入れてお湯を注ぐ。軽くかき混ぜて出来上がり。

見た目はおいしそうなコーヒーになりますが、香りと味を比べると、やはりカフェで飲むコーヒーとでは違いがあります。しかし、頻繁にカフェに行けるわけでもありませんし、何よりカフェのコーヒーはおいしいけれどもお値段がやはり張ります。毎日飲むには財布と相談しなければいけません。

であれば、そこまでしてカフェのコーヒーを飲むのか否か、となった時に、やはりインスタントコーヒーを愛飲するという流れになります。たまに飲むカフェのコーヒーはおいしいですよね。できることなら気軽に、できることなら毎日おいしいコーヒーを味わいたい。

そんなときに便利なのがネスカフェバリスタです。

ネスカフェバリスタとは

ネスカフェバリスタは、インスタントコーヒーを使ってカフェ気分を味わえる1品です。ブラックコーヒーはもちろん、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノが味わえます。ブラックコーヒーをたくさん飲みたい用に、マグサイズも選択できます。

ネスカフェバリスタは販売当初から人気商品であり、日々進化した最新マシンが発売されています。現在では機器本体と携帯アプリとが連携し、濃さや泡立ちを自由にアレンジできたり、飲めば飲むほどポイントがたまったり、家族友人とつながったり、さらには目覚めのコーヒーを提供すべく、目覚まし機能までついています。

朝、コーヒーの良い香りとともに目覚めるのも、優雅な生活ではないでしょうか。1日のスタートとしては最高のひと時です。また、帰宅後に一息いれたい場合もササッとおいしいコーヒーを飲むことができます。

簡単に気軽に飲むことができることが良いですね。そんなネスカフェバリスタですが、基本的には、インスタントコーヒーと水、そしてミルクがあれば楽しめます。水を瞬時に沸騰させるので、香り立つ熱々のコーヒーが楽しめます。

一度好みの設定をすると、次回からは同じ設定で抽出がされます。毎回設定する手間もなく、好きな時に好きなものを飲める幸せに包まれます。本体のサイズは、幅176mm奥行285mm高さ359mm重さ3.6kgとコンパクト。

使用後のお手入れも取り外しができるので、定期的にぬるま湯につけて洗浄することができるので、清潔に保つことができます。ここまでいろいろできて、便利で楽しめるネスカフェバリスタ。

ネスカフェバリスタの値段

やはり気になるのがお値段でしょうか。

ここまでの機能がそろっていたら、なかなか手を出せない価格なのではないかと思いがちですが、通常のバリスタであれば5,980円(送料込)。最安値は5,000円を切っています。最新機器を見てみても、最安値は10,000円を大きく切っています。

エスプレッソマシンの半値ほどの価格で、自宅でカフェ気分を味わえるのはとてもうれしいですね。ただ、本体が手に入っても肝心のインスタントで値段が張っては困ります。インスタントパックは様々な種類が用意されています。スーパーでよく見かけるパックから、深みに特化した香味焙煎、丸みを効かせた香味焙煎、さらにはカフェインレスのパックと多岐にわたっています。

1杯あたり2gぐらい使用するので、大体1杯あたり20円~32円です。コーヒーの種類によって差は出てきますが、カフェでの金額と比べると歴然の差です。パックの最安値を調べてみると、大体1杯あたり15円ぐらいです。

ネスカフェの定期お届け便であれば、通常価格の最大28%オフで購入でき、マシンも無料修理期間が5年に延長できます。これなら長い期間無理なく自宅カフェを楽しむことができそうです。自動販売機でコーヒーを買うにも、一度外へ出て買って家に戻らないといけません。

それがこの価格でおいしいコーヒーを味わえるのであれば、それ以上のものはないと思います。普段インスタントコーヒーで味わっている方も、無理なく手を出すことができる価格帯なので、お試しの気分で購入しても良いのではないでしょうか。

サポートもあり、困ったときはインターネットでの相談も受け付けているので、万が一何か不具合が起きた時も安心です。また、自宅だけではなく職場でも1台あれば、ちょっとした休憩にカフェ気分が味わえます。

誰かがネスカフェバリスタでコーヒーを入れたら、あたり一面カフェの良い香りに包まれ、皆心休まるひと時を味わえます。コーヒー片手に一息いれるのも、良いのではないでしょうか。お値段もお手頃なので、皆遠慮せず気軽にコーヒーを楽しめます。

やはりこういったカフェ気分を味わうための機器の価格は、とても上下幅が大きいものになっています。高いから良い商品、安いからイマイチな商品、ということはありません。
その場とその環境にあった最適な商品こそが素晴らしいものです。

値段がすべてではないことをしっかりと把握し、気軽にカフェを楽しむことが一番のポイントです。

-ネスカフェバリスタ