ネスカフェ バリスタの使い方と説明書

ネスカフェ バリスタの使い方を解説しています

*

こだわりのコーヒー講座「ミルの種類と特徴」

ミル

おいしいコーヒーをいれるために必要なもののひとつにミルがあげられます。お手入れが大変そうにもみえるため、ついつい挽いた豆を購入しがちですが、同じ豆でも挽き方で味も風味もかわるため、自分の気にいったコーヒーを追求したいのであれば、ミルは欠かせないといえるでしょう。

そして種類も豊富にそろっているため、種類と特徴を知り、自分に合ったものを使用するとよいでしょう。

ミルの種類

ミルには様々な種類がありますが、まずひとつめに、手動のものがあげられます。

手動のものはデザインがアンティーク調という特徴があります。自分でゴリゴリとレバーを回すと、いい香りがたちのぼり、その雰囲気も楽しむことができます。回すためには意外と力が必要で、時間がかかるという点もあります。たくさん挽くのは大変で、1杯から2杯くらいが適量といえます。価格としては安いもので2千円ほどで、高くても2万円ほどが相場となっています。

次に電動式のものがあげられます。スイッチひとつで豆を挽くことができ、時間がかからずに、たくさん挽くこともできるという特徴があります。しかし、ものによっては音がうるさいものもあり、大きいのでスペースを確保する必要があります。また電動なので、当たり前ですが、電源コードの確保も必要になります。価格としては安いもので3千円ほどからあり、価格の幅は広く、高いものでは数万円の値段のものもあります。

電動式のものは、さらに種類があります。まず豆をカットして細かくするカッティング式のものです。これはカット面が綺麗にカットされるため、旨味がでやすいという特徴があります。しかし細かい粉に味が左右されやすいともいえます。

そして歯の形状がプロペラのような状態になっているのがプロペラ式です。値段は比較的安いものがほとんどですが、挽いた豆の大きさにばらつきが出ることが多くみられます。最後にグラインド式です。これは臼のようにすりつぶして豆を挽くもので、味がととのい、挽き目がそろっているという特徴があります。

様々な種類がありますが、大きく分けると手動式か電動式にわけられます。

手動のミル

そこで手動のものを細かくみていきましょう。まずは重さです。手動のものはある程度の重さがあった方が挽きやすいでしょう。

手動のものは結構な力を入れて挽く必要があるため、重さがあることで固定させることができます。軽くても力を入れやすい構造であるのであれば、重くなくてもよいでしょう。

近年ではテーブルに固定できるタイプのものもあります。

次にハンドルです。ハンドルを回す時には、横に回すものが一般的ですが、縦に回すものもあります。これはどちらがいいというわけではなく、個人の好みといえます。

横に回すものが一般的ですが、長さが長いほうが回しやすいでしょう。次に蓋です。豆を入れる場所に蓋がついているものと、蓋がついていないものがあります。蓋がついていない場合には、挽いている最中に豆がこぼれることもあります。

蓋がないものは、豆を挽いている時の香りをより楽しむことができるでしょう。

そしてデザインです。アンティーク調のものが多いですが、スタイリッシュなステンレス製のものもあります。せっかく手動で豆を挽くのであれば、自分の気にいったデザインのものを選ぶとよいでしょう。最後に用途です。自宅でゆっくりと飲むために使うものであれば、好きなものを選ぶことができます。アウトドアや外出先に使いたいと思うのであれば、軽くて持ち運びやすく、収納に便利なものがよいでしょう。

電動式ミル

それでは電動式のミルについて詳しく見てみましょう。

まずは挽き方です。挽き方によって味や風味は大きく変わります。どういうことかというと、豆を挽いて粉になった粒がそろっていればそろっているほど、均等に成分を抽出させることができるので、本来の味を楽しむことができます。

次に用途です。電動のものは大きさによって分けると、持ち運びが可能なプロペラ式と、大きいので決まった場所に置いておくグラインド式、カッティング式に分けられます。そのため使ううえで、持ち運びが必要なのか、置いておく場所はあるのかなどを考慮して選ぶ必要があります。

プロペラ式の特徴としては、スイッチを押している時間によって挽き方を調節することができます。長い時間スイッチを押し続け、豆を挽けば挽くほど、豆は細かくなるというわけです。エスプレッソ用は極細挽きが必要なので、エスプレッソ用には向いていません。そしてカッティング式です。

カッティング式のものは、価格も安いので初めてミルを購入してみようかなという人にも向いています。カッティング式のものの多くが、一度にひける豆の量は2杯から4杯程度です。場所もとらないので、手軽に使えることが魅力といえるでしょう。しかし挽いた豆の大きさに多少のムラが出ることがあったり、細かい粉も出やすいともいえます。

このように様々な種類があることがわかります。自分に合ったものを選んで購入するようにしましょう。

-コーヒーについて