ネスカフェ バリスタの使い方と説明書

ネスカフェ バリスタの使い方を解説しています

*

ネスカフェバリスタの基本の使い方から便利な利用方法まで徹底解説

ネスカフェバリスタとは

スイスに本社があり、世界最大級の食品会社でもあるネスレが世界的に製造や販売を手掛けているのがネスカフェです。コーヒーブランドとして世界規模で販売され、日本国内でも馴染みの深いコーヒーブランドです。

そのネスカフェから誕生したのが、ネスカフェバリスタです。2010年にネスカフェバリスタという商品名でコーヒーメーカーが発売され、カプチーノやエスプレッソなど家庭では再現することが難しかったコーヒーの種類を楽しめることが特徴です。

ボタン一つで操作することができ、インスタントコーヒーでも本格的なカフェのコーヒーを再現することが出来ます。近年ではネスカフェアンバサダーというプログラムも誕生し、オフィスなどにも進出しています。

ネスカフェバリスタの最大のメリットは、一台で様々なタイプのコーヒーを作ることが出来ることです。

ネスカフェ バリスタで飲めるコーヒーの種類

ブラックコーヒーやマグサイズのブラックコーヒー、カプチーノやカフェラテ、エスプレッソの5種類のコーヒーを作ることが出来ます。5つのメニューがあらかじめ設定されているので、ボタン一つで作業することが出来ます。

コーヒーに加えるミルクも泡立てることができ、カフェのようなクリーミーなミルクを再現することが出来ます。カップにミルクを入れてボタンを押せば、熱湯のジェットがミルクを自動で泡立ててくれます。

ブラックコーヒーやエスプレッソのメニューではコーヒーの濃さを変更することも可能で、同じボタンで操作するだけで自由に調整することが出来ます。

ネスカフェバリスタではコーヒータンクにインスタントコーヒーをセットして、タンクに水を入れるだけで温かいコーヒーを作ることが出来ます。

特殊なカプセルを必要とするコーヒーメーカーとは違い、費用も少なく抑えることが出来るのがメリットです。コーヒーが無くなってしまったときでもネスカフェの詰め替え用のコーヒー粉を入れるだけで、すぐに使うことが出来ます。

本体のサイズは幅が狭く縦に長いので、置き場所に困ることが無くなります。本体価格もお手軽で、7800円前後で購入することが出来ます。コストパフォーマンスが高いということもあり、人気を集めています。

ネスカフェアンバサダーになってバリスタをオフィスで無料で使う

ネスカフェアンバサダーというプログラムもあり、コーヒーマシンをオフィスや職場で利用することが出来ます。

アンバサダーと呼ばれる大使役がバリスタを無料でレンタルし、自分たちでコーヒーパックや詰め替え用のパウダーなどを購入します。オフィスや職場にバリスタを広めることでたくさんの人にバリスタを知ってもらうことができ、収益を上げるというプログラムです。

アンバサダーも気軽にコーヒーマシンを利用することがあり、両者に利益があるのが特徴です。

ネスカフェバリスタの使い方

基本的な抽出方法

使い方はとても簡単で、作りたいと思っているメニューのボタンを押すだけです。メニューのボタンを押すときにボタンを長押しすれば、コーヒーの濃さも調整することが出来ます。

まずメニューに合ったカップを用意して、メニューボタンを押します。選んだボタンが点滅するので、自動で抽出するのを待ちます。

選択したメニューのボタンが点滅しなくなり、全てのボタンが緑色になったら完了です。

便利なカップ温めモード

冬の寒い時期などでもよりコーヒーを美味しく飲むために、便利なカップ温めモードもあります。

バリスタではコーヒーが最も美味しく飲むことが出来る温度で抽出されていますが、カップが冷めていてぬるく感じることがあるときなどにも便利なモードです。コーヒーが冷めにくくなり、寒い時期でも長い時間温かいコーヒーを飲むことが出来ます。

ネスカフェ バリスタで飲むアイスコーヒー

バリスタではホットだけでなく、アイスコーヒーを作ることも可能です。アイスエスプレッソを作るときには、氷とバリスタで抽出するエスプレッソを用意します。

グラスに少し多めに氷を入れて、メニューボタンでエスプレッソタイプを選び、スタートボタンを押します。

アイスカフェラテを作る場合はネスレのブライトとエスプレッソコーヒー、氷を準備します。グラスにブライトを入れて、メニューでエスプレッソを選んで注ぎます。そこに氷を入れるだけで、アイスカフェラテを作ることが出来ます。

バリスタで作ったアイスコーヒーは保存することも可能で、抽出したコーヒーをティーポットなどに入れて冷蔵庫に保存することが出来るのです。風味を持続させたい場合は密閉容器に入れて、冷蔵庫に保存すると風味を損なわずに飲むことが出来ます。

ネスカフェ バリスタで美味しくコーヒーを淹れるコツ

より美味しく作るためのコツには、作りたいタイプのコーヒーに合わせた淹れ方をすることです。冷たいアイスコーヒーを作るときには中途半端な温度にならないように、たっぷりの氷を使うようにします。

氷の数が少ないとぬるくなってしまうので、たっぷりの氷を用意します。またコーヒーは濃い目にして、氷でコーヒーを薄める感覚で淹れると美味しくなります。

温かいコーヒーを作るときには、自分の好みに合うコーヒーを使うことです。濃さや温度はバリスタ本体が調節してくれるので、自分の好みに合ったコーヒーを使うようにすると自分好みのコーヒーが作れます。